離婚する時、養育費を、きちんと払ってもらえるように、弁護士の前で書類を作成するのが安心です。

過去の不貞を理由に離婚ができるか?
過去の不貞を理由に離婚ができるか?

離婚に関する問題は弁護士へ

テレビで離婚して子供に養育費を払わない父親が多いと聞いてゾッとしました。私の元旦那もそうだからです。それも離婚する時に決めたにも関わらずです。だいたい養育費は収入にもよりますが一人当たり3万と言われています。今養育費を払ってる方が珍しいかもしれません。養育費を、きちんと払っている人を聞くと偉いと私は思っています。

私の友人は子供2人で月5万養育費を貰っています。それでも少ないと愚痴をこぼしていますが、私からしたら羨ましいです。私も友人も弁護士の前で養育費を決めたわけではありません。当人同士で決めた事です。養育費を払わない元旦那に腹が立ち、何度も弁護士に相談すると伝えていますが、当人は本気にしていません。私が、離婚する時はバタバタしたので大切な事を曖昧にして別れました。それが問題でした。あの時、弁護士に相談すれば何か違ったかもしれない、そう思うのです。あの頃は大変だったし、少しでも早く離婚したいし、元旦那の毎月1万の養育費を払うという言葉を信じきっていました。しかし払ってくれたのは、最初の半年間だけでした。

もし離婚するなら、養育費の事をきちんとしておく事を必ず伝えたいです。きちんと弁護士の前で養育費を払う書類を書いておけば心強いです。離婚すると、男性に比べて女性の方が養育費を払って貰えないで辛い立場になることが多いと思うのです。何か理不尽な事も、たくさんあるし、子供を1人で育てていくのはとても大変な事です。

注目のワード、以下サイトでチェック

Copyright (C)2021過去の不貞を理由に離婚ができるか?.All rights reserved.