離婚したいと思っても認められるには条件がありますので、その条件をクリアしないといけないのです。

過去の不貞を理由に離婚ができるか?
過去の不貞を理由に離婚ができるか?

離婚が認められる条件とは

結婚したけど離婚したいと思っても自由に離婚ができるわけでなくて離婚するためには条件があり、その条件をクリアしなければならないです。ではどのような条件があるのか主なものについてお話します。離婚するには相手が不貞行為をした場合があります。不貞行為というと専門用語ですので簡単に説明しますと違う異性と性的関係を持つ事です。つまり浮気の事をいうのですが、結婚相手が浮気をしている時は離婚できる条件にあてはまり、証拠などをつきとめて裁判を起こしますと離婚できる可能性が高いです。しかし、相手が認めない事もありますのでしっかり証拠を集めるのが大切になってきます。次に離婚できる条件としては暴力行為があります。最近はDVによる問題が大きくニュースにでているように家庭内暴力が注目を集めています。結婚相手に暴力を日常的に振るわれている場合も離婚できます。この場合は、怪我をしたのなら医師に見てもらい診断書をもらいます。暴力を受けていると見た目でも分かりますので離婚しやすい条件です。

主な離婚できる原因の最後に多額の借金があります。結婚して多額の借金を作って生活が困難になった場合にも離婚できる可能性があります。この場合は、借金と収入のバランスによって離婚できるか決まります。裁判所の判断になってくるのです。このように離婚できる主な条件には浮気、暴力、借金があります。このほかにもありますけどこの3つが多いですので把握してほしいです。

Copyright (C)2021過去の不貞を理由に離婚ができるか?.All rights reserved.