相手が不貞行為をした場合の離婚裁判をするにあたっての、証拠の集め方や慰謝料の相場などが細かく書いてあります。

過去の不貞を理由に離婚ができるか?
過去の不貞を理由に離婚ができるか?

離婚裁判において大切なこと

離婚裁判の中で不貞行為が最も多い事由になっています。不貞行為とは、配偶者がいるにも関わらず他の異性と性的関係になることです。夫婦はお互いに貞操義務というものがあります。それに反して、異性と関係をもったということで被害者は離婚の申し立てができます。ただすぐに裁判ということではなく、協議決まらなければ調停、それでもダメなら裁判になります。もし、前者2つで決まった場合は理由はいりませんが、きちんと財産分与や慰謝料などは納得できる金額を設定しておいてくださいね。

もし話し合いではまとまらず、裁判となると不貞行為をしていたという証拠がある方がいいです。ただ、裁判所は不貞の証拠は虚偽がないように、厳しい審査をしています。相手が浮気をしていた場合は、携帯電話でのメールのやり取りのコピー・2人がホテルから出てくる所など、どれほど親密が分かるものがあるといいです。メールだと、愛してるなどの文面があることが大切です。そこに2人で写っている写真もあれば、ラッキーですね。写真の場合は興信所などを利用すると、たくさんの証拠が揃うこともあります。これら証拠をきっちり積み上げておくと、慰謝料や財産分与・養育費など有利に進みますよ。

でも、慰謝料ってどのくらいもらえるか気になりませんか。だいたい相場は100万から500万、平均は300万程度です。ただ、財産分与と養育費は別なのでそこは相談して決めてください。もちろん弁護士さんも交えて話し合いましょうね。

Copyright (C)2021過去の不貞を理由に離婚ができるか?.All rights reserved.